包茎手術の傷跡

術後のことも一生にとって大切な問題

包茎手術の術式も時代と共に進化し続けているものなのです。



昔はカットしやすい部分をカットすることにより、傷跡が目立ってしまう術式も多くありました。 手術した跡が残ってしまうタイプのものは、男性にとっても女性にとっても見た目として違和感を与えてしまうものです。
しかし、今日の包茎手術の中では、なるべく傷跡が残らないような術式のものも増えてきているのです。

病院によりできる包茎手術の術式は異なっています。
手術を受ける前にどのような術式か、確認した方が良いでしょう。

男性にとってはデリケートな部分の問題であり、術後のことも一生にとって大切な問題になるかもしれません。きちんと確認をして慎重に判断する方がより良いでしょう。