包茎手術のアフターケア

包茎手術の自分でする正しいアフターケア

クリニックや自分で行う、包茎手術のアフターケアが重要です。

包茎手術をした後には、性行為を3週間ほどしてはいけません。
オナニーも駄目で、ベニスを刺激しないようにする事が肝心です。

手術をした日から3日間は、包帯を取らずに傷口を濡らさないようにします。
3日目から1週間目までは、毎日1回の優しい消毒をして薬を塗ります。石鹸を軽くつけて優しく洗って、お湯で洗う事も可能です。
1週間から2週間目までは、包帯を毎日外して局部を消毒します。
2週間以降には、消毒をしなくてもよくなります。

クリニックでの包茎手術をした後は、ほとんどが無料でアフターケアを受けられます。
丁寧なケアの指導から術後の経過を確認して、何かあれば再度無料で手術をしてくれるクリニックもあります。
遠方の人は、メールや電話でケアをしてくれるクリニックもあり、包茎手術を快適に受ける事が出来ます。