部分麻酔と包茎手術

手術は手術!

一般的に包茎手術を非常に簡単な手術だと軽く見ている人が多いが、どんなに簡単で時間のかからない手術でも手術は手術です。

そのため、正常に施行しなければ合併症が起こることがあります。
すなわち、多くの皮膚を切り取ったり、少なく切り取ったり、尿道に損傷を与えたり、他の性器に泌尿器科的な先天性疾患があるのに、これを見逃したりすることがあるので、包茎手術は泌尿器科で実施するのが最も安全です。

包茎手術は、一度部分麻酔が必要な手術です。
子供があまりに小さいと手術に耐えかねますので、だいたい子どもが小学校3年生くらいにするのが良いです。
しかし、子供に忍耐力があると、幼い頃行なっても良いです。

大体、冬休みに行いますが夏に手術をしても傷が悪化したりしません。